2015年06月15日

未だ休眠中

残念ながらもうしばらく休眠します。
posted by miko at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月09日

休眠中?

昨年来、ブログをお休みしてましたが、そろそろ再開します!
posted by miko at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年06月01日

我国とほぼ同年代の欧州の作家をとりあげて・・・

ここがわからない?もう少しわかりたい!《V》

2012年6月から11月までの予定表
6月10日(日)安藤 広重 (1797-1858)=ドラクロア (1798-1863)
7月 8日(日)小林 清親 (1847-1915)=ゴーギャン (1848-1903)
8月12日(日)横山 大観 (1873-1930)=クリムト  (1862-1918)
9月 9日(日)黒田 清輝 (1886-1924)=モジリアーニ(1885-1920)
10月14日(日)岸田 劉生 (1891-1929)=キリコ   (1888-1978)
11月11日(日)猪熊 源一郎(1902-1993)=ジャコメティ(1901-1966)

下総屋美術サロン講師:洋画家 林 忠正

時 間:午前10:00〜12:00 毎月 第2日曜日を予定しております
場 所:下総屋画廊
    千葉市中央区新田町2-19 5F   
参加費:1,000円

※お問い合わせは、下総屋画廊まで電話1(プッシュホン)043-246-8581
posted by miko at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月21日

一般公開美術講座のご案内 No.2

《第2回》
第1回に引き続き林 忠正先生が、“印象派後期印象派がどうしてわかれているのか”を一般的に理解されている視点とは、ちょっと違った角度からお話しくださいます。

会 期:10月17日(日) 10:00〜12:00
会 場:下総屋サロン 千葉市中央区新田町2-19 5F
参加費:1,000円


*お問い合わせは、下総屋画廊まで☎043-246-8581
posted by miko at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

第22回俊恵会書画展

下総屋アートサロンで、水曜日月1回水墨画のご指導をなさっていらっしゃる「王 俊」先生の生徒さん達他先生のご指導を受けていらっしゃる皆さんの作品が展示されております。
水墨画に、ご興味のある方は、是非足を運ばれてはいかがでしょうか・・・

会 期 :2010年09年30日(木)〜10月03日(日)
      10:00〜17:00(最終日は16:00まで)

      ※30日別会場で授賞式を行います

会 場 :市川市文化会館 市川市大和田1-1-15

主 催 :俊恵書画研究会
後 援 :千葉県・市川市・市川市教育委員会・千葉日報
ご連絡先:市川市曽谷1-29-17☎047-371-3200
posted by miko at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年09月01日

一般公開美術講座のご案内

ここがわからない? もう少しわかりたい!

19世紀から現代までの絵画の流れについて、“ミニ レクチャー”をおこないます。

《第1回》
19世紀写実主義とは・・・写実描写とは・・・
その違いがわかりますか?
なんだ、そーだったのか!と林 忠正先生が、わかりやすくお話し致します。
会期:9月19日(日) 10:00〜12:00
会場:下総屋サロン 千葉市中央区新田町2-19 5F
参加費:1,000円

*お問い合わせは、下総屋画廊まで043-246-8581
posted by miko at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月04日

カラーダスト 水彩画展

shasiki.jpg
謝敷 満男 画

会期:6月25日(金)〜29日(火)
   10:30〜18:30(初日12:00〜)
会場:下総屋画廊 スペースY  


指を使う表現の取り込み

 水彩画は学校教育等に広く取り組み入れられており、手近に始められることもあり、水彩画を描いた経験のない人はいないと思います。しかし、水彩画は、一方その表現の技術において、奥深いものを持っていて、それを極めることは非常に難しいものがあります。単純に絵筆に絵の具を付け、紙の表面に塗りたてるという作業だけで、血の通うような温もりのある作品を生み出せるでしょうか?私どもは、日頃、水彩画の探求に努めてきておりますが、より直接的な表現を求め、自分の指に絵の具を付けて、画面に取り組むという試みを始めました。指を使った絵は、絵筆を使った場合と違った表現を生み出しますが、それ以上に画面の触感は、いわば五感の再発見といった、新しい感動を呼び起こしてくれます。もちろん、指だけを使う訳ではありませんが、指を使うということを通して、絵に暖かさを生み出し得たのではないかと自負しております。見ていただく人に伝わるかどうか分かりませんが、ご批判、ご鞭撻のほどよろしくおねがいいたします。
カラーダスト主催 林 忠正
    

林 忠正水彩画教室のご案内
月2回(第2・4水曜日 10:00〜12:00)
    
posted by miko at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月19日

アニモ銅版画クラブ展

銅版画を楽しく創作する仲間達の作品展

作品展 会期:5月20日(木)〜25日(火)
       11:00am〜6:00pm 最終日は4:00pm迄
    会場:スペースガレリア(千葉市美術館向側)
       千葉市中央区本町2-1-20-201
       043-202-0157

★何かを始めたい・・・と考えているあなた
一日見学と体験に来てみませんか?
初めての方でも特に道具は必要ありません。
新しい自分を見つける事ができるかもしれませんよ!
月(3回)月曜1:00pm〜4:00pm
(体験時に判代が必要になります)★

お問い合わせ:千葉市中央区新田町2-19 5F下総屋画廊迄
       043-246-8581
posted by miko at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月10日

輝楽画の世界展のご案内

日本淡彩スケッチ協会代表・小長光亮次先生が考案された、オリジナル新画法<KIRAKUGA>の展覧会が開催されます。
線画と色紙から、新感覚で創造するオリジナル新画法、初心者や子供でも気楽に楽しめます。
百聞は一見にしかず、是非体感してみてください。

会期:6月2日(水)〜6日(日) 
   10:00〜17:00 最終日は16:00迄になります

会場:街角ギャラリー どち
   千葉市中央区汐見丘町16-13 タリアセン汐見1F
   ☎043-247-3601 http://art-taro.com/

posted by miko at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月08日

80歳で初個展

yoshino.jpg

上海出身・市川市在住の水墨画作家、王俊先生が主催する俊恵書画研究会の吉野恭子さんは、今年80歳の傘寿記念に、初個展を開くことになりました。とてもチャーミングなお人柄で、先生と教室のお仲間からのサポートを受けて、個展に挑戦することになったそうです。初個展に向けて準備に余念無く、楽しそうに頑張っている吉野さんの姿に、廻りにいる私たちのほうが、励まされます。歳を気にせず何事にもチャレンジ!ですね。

俊恵書画研究会 千葉支部所属
今が旬 八十路を迎えて
吉野恭子展

2010年5月21日(金)〜24日(月)
会場:下総屋画廊 スペースY

posted by miko at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月23日

カラーダスト展のDM

color Dust 24 c.jpg

第24回カラーダスト展のDMができました。
ご案内の絵は、矢部欽一さんの油彩画「ピクチャー・フィガー」
posted by miko at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月19日

カラーダスト展のご案内

カラーダスト展 *流れるもの 流れないもの
-----私たちは流れるものの中で生きています。目に見えるものは勿論、肌に感じるもの、心にふれるもの、様々な「流れ」を絵にしてみました。-----
会期:4月27日(火)〜5月5日(水)
会場:千葉県立美術館 第6室


美術サークル“カラーダスト” (洋画家、林忠正主催)第24回展覧会が上記の通り開催されます。今年のテーマは、「流れるもの 流れないもの」。毎回、含蓄のある面白いテーマが選ばれ、メンバーそれぞれが、その独自の解釈でユニークな作品を作り出しています。
因みに、23回「単色と多彩」では、色の再認識を追求しました。そこで、単色と多彩の対比のもとで、心の響きとしての色を見いだそうとしました。22回「名画と今日の自分」では、皆が良く知っている世界の名画を媒体として、鑑賞する側と制作する側の両方の立場に立つことにより、絵画の奥行き、楽しさを肌で感じることができました。今回も、展覧会の会場で鑑賞して下さる、見る側の方々との交流により、新たな進展ができればと願っています。
千葉県立美術館でアートに接して、ゴールデンウィークを楽しんで下さい!


posted by miko at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月15日

絵の見方ー絵と詩

nagata-live in the gray world2.jpg
この絵を描いた永田豊さんは、この絵を描いてから、連想ゲームのように幾つかの詩ができたそうだ。絵を描いた「理由」でなく、「気分」を説明しているように思うとのこと。
絵の見方は人様々で、何も作家が意図とすることと同じ見方でなくてもいいと思うが、作家の描いた気分を知ることも又楽しいこと。あなたなら、この絵をどのように見ますか?

(1)
虹色の未来を夢み、バラ色の過去を創り出すことは出来る。
だが、今は
 真っ直ぐに延びる灰色の道に沿って、
  ひたすらに歩み続ける他はない。
振り返ると、歩いてきた道は、曲がりくねっていて
 袋小路の中にまで足跡が残っている。
真っ直ぐに歩いてきたという意識と、曲がりくねった足跡を
 論理的に結び付けることは出来ない。
今生きている、この灰色の世界には
 黒白を付けるような論理など存在する筈がないから。
心をこめて、癒しの形を創り出し、
 底抜けに明るい色を塗ろう。
灰色の世界には、創作の自由がある。
 そう、友よ
 この灰色の世界を生き抜こうよ。

(2)
この世界では、ただ真っ直ぐに歩き続けるだけである。
迷うことすら許されないし、後悔することも出来ない。
 「人は、時として、神の如く生きなければならない。
  神は万能ではないし、
  過ちを犯さないわけでもない。
  しかし、神は、自らの過ちを後悔することはない。
  だから、
   人は、時として、神の如く生きなければならない。」
灰色の世界はモノトーンである。
 カラフルな世界は幻影であり、夢である。 

(3)
この灰色の世界には、無数の人が生きている。
しかし、
  無数のネズミに囲まれたネコは、ネズミが獲れない。
  無数のネコに囲まれたイヌは、吠えることが出来ない。
無数の人に囲まれた、たそがれの世界では、
  人は、一人で生きることを学ばねばならない。
  カラフルな色は忘れよう、
  意味のある形は、灰色の世界では現実味がない。
生きることと、進むこと、
  それだけが、灰色の世界の現実である。

(4)
夢には、色がないと言うのは、嘘である。
 真赤な色の夢を見たこともあるし、
 透き通るような青色の世界を歩いたこともある。
しかし、赤であれ、緑であれ、黄色であれ
 夢の世界の、それぞれの場面は、モノカラーである。
白や黒、そうして灰色は、色ではないと言うが、
 灰色の世界はモノカラーである。
 それも、最も強力な、最も明確な色の世界である。

(5)
虹色の未来を夢見るには年をとり過ぎた。
苦しかった過去は、ほとんど忘れてしまっている。
楽しかった過去は、多彩であっても、取りとめなく、思い出す価値がない。
とすると、私の関心はこの現在、灰色の世界でしかない。
 過去と未来の境目は、休みなく動き続ける。
 そこでは、ものの形は、具象的に表われることはない。
しかし、灰色の世界にも、色があう。
眼を凝らせば、真赤な色が見えてくる。
それが、私の絵の世界である。

(6)
灰色の世界には影がない。
 影は、光の友達であるから、
たそがれの世界には、形だけしか見えない。
 コントラストがあるものだけが、実存する。

(9)
灰色の世界を生き抜こう。
 そこでも、「癒し」の形は創りだせる。
 「元気の出る」色を塗ることもできる。
それが、灰色の世界を生きる只1つの途。

posted by miko at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月25日

デマジエールの迷宮世界

フランスの銅版画家、エリック・デマジエールの銅版画展が、町田市立国際版画美術館の常設展示室で今月4日から4月4日まで開催中です。彼の見ごたえある代表的な作品、「バベルの図書館」や「パッサージ・パリジャン」など29点が出品されています。

2008年にフランス、アカデミー・デ・ボザール会員に推挙されて以来、欧米の美術館や画廊で個展が開催され、銅版画の鬼才として人気を高めています。日本では、まだマニアの間でしか知られていないようですが、デマジエールの大ファンでもある私としては、この機会に多くの方の目に触れ、人気が高まることを願っています。作品はもとより、人柄も素晴らしく、知的で、作品に対する真摯な態度に惹かれます。勿論ルックスも素敵ですよ!

デマジエールが作り出す幻想的な建築的世界は、展覧会のタイトルにあるように、見る人を迷宮世界に誘い込むことでしょう。
初期1970年代の作品は、宮崎駿監督の描き出すアニメの空想世界と似通った雰囲気があります。1989年作のパリのパッサージュシリーズは、19世紀に作られて今でも使い続けられている小さなアーケード式の街路・パーッサージュがうねるようなインパクトある巨大建築として描かれ魅力的です。1998年の「バベルの図書館」は、アルゼンチンの国民的作家ボルヘスの作品の挿絵として出版されました。ボルヘスのテキストの中で次々と創られる果てしなき図書館、終わりなき知識の比喩が、デマジエールのイマジネーションを刺激し、不思議な建築空間生み出しました。代表作といえる素晴らしい作品です。


posted by miko at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月14日

住宅展示場での絵画展

下総屋美術サロンで、絵画教室を主宰されている、林 忠正先生の個展が住宅展示場で開催されます。
「絵は美術館や画廊で鑑賞する」だけのものではなく、気軽に何処でも、日常の中でアートを楽しんで欲しいという願いから、今回の絵画展示・即売会が開催されることになりました。
絵は高い!よくわからない?ものばかりではありません。衣類や家具・家電を買うような気持ちで、自分の好みに合った絵を自宅の壁に飾ってみてください。毎日眺めていると、日々絵が違って見えてきます。面白いものですよ、試してみてください!
それが “L'Art de vivre” 美しい豊かな生活です。


フィアスホーム千葉中央店 新春企画
林 忠正 絵画展示・即売会

日程:2010年1月21日(木)〜2月7日(日)
 会場:千葉市稲毛区長沼原町19−2
     フィアスホーム千葉中央店


お問合せ:0120−17−2506
posted by miko at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月08日

篠崎一彦木版画作品集出版記念個展

昨年8月からこのプログをスタート致しましたが、思うように更新・運営が出来ず、新年早々から自分を恥じているしだいです。
ブログ先輩の友人に言われました。毎日10分でも時間を作って、“絶対に書くぞ”という意気込みでやりなさい。更新しないで放っておくと舐められますよ!確かに、とても舐められているみたいで、読むに耐えられないコメントばかりが書き込まれています!
今年は、自分に気合を入れて、最低1週間に1回はアートの発信をするようがんばります!

千葉県で木版画家として活躍されている、篠崎一彦さんは、2年ほど前から癌と闘いながらも、精力的に制作活動を続け、ご自分の画家としての本分を全うするために作品集を仕上げました。昨年12月にやっと刊行されたので、その出版記念展を開催することになりました。体力的なこともあるので3日間だけですが、是非見に来てください。

篠崎一彦木版画作品集出版記念個展
「いのちを彫る」


会期:2010年1月15日(金)〜17日(日)
   11:00〜17:00
会場:下総屋画廊
   千葉市中央区新田町2-19 5階


posted by miko at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月22日

チャリティー展を終えて

チャリティー・アートフレンズサークル展は、18名の出展作家のご協力のもと、5日間で150名以上のご来場をいただき、無事成功裏に終了しました。ありがとうございました!!お蔭様で、予想以上のチャリティー金を捻出することができ、先日、富津市にある社会福祉法人「アルムの森」に寄付金を届けてまいりました。知的障害者通所更正施設「ハイジの丘学園」、通所授産施設「ペーターの丘」、福祉ショップ「おんじい」を見学させていただきました。明るく気持ちの良い施設で、先生方及びスタッフの方々の暖かなやさしさを感じました。福祉ショップ「おんじい」では、施設の農園で作っている野菜、無農薬のサラダほうれん草や水菜のほかに、様々な地元の物産や惣菜も販売しており、新鮮でお値段も安く、あれもこれもと買い物したくなりました。特に、ほうれん草のロールケーキは絶品の美味しさです。あの有名なモンサンクレールの「自由が丘ロール」に引けをとらないと思いました。因みに1切150円とお安いのです!是非食べてみてください。ご報告まで。
posted by miko at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月18日

チャリティー展開催にあたって

DM2009.jpg
DMのご案内のように、11月26日〜30日まで、チャリティー展が開催されます。以前にもブログで書いたように、下総屋美術サロンAFCの皆さんの、“美術を通してささやかな社会貢献を!”という思いが原動力となって2001年より1〜2年に一回のペースで続いております。今回、千葉県富津市にある社会福祉法人アルムの森を支援するにあたって、サロンの林忠正先生から以下のようなコメントをいただきました。

私達アーティスト・画廊、そして、アルムの森のみなさんも、何かを作り出す夢を追うことで共通しています。
「人は誰でもクリエーター」
ものを生み出せることは喜びです。
どんな環境であれ、自分なりの喜びを見出そうとしているはずです。
私達は絵を描くことで、共に楽しむ仲間とサポートしてくれるスタッフに恵まれ、日々その幸せを感じています。その喜びを何かに繋げたいと思って、微力ながら、アルムの森の支援を続けております。


作家さんたちばかりでなく、多くの皆様のご協力とご支援をいただきながら、チャリティー展を続けていけることを願っています。会場のお近くの方は是非、お出かけ下さい。絵画や陶芸だけでなく、エコ感覚の可愛いい手作りクリスマス用品なども出品されます。


posted by miko at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月16日

フラミンゴの踊り

Hayashi.JPGCamargue .jpg
私が初めて見たフラミンゴは、千葉県勝浦市の行川アイランドという動・植物園を中心にしたレジャー施設(残念ながら入場者数の減少で2001年に閉館)で、その鳥の紅色の美しさ、優雅な姿態はとても印象的だった。その後、画廊の主催で、1991年、フランス南部のコリユール、アルビ、アルル、ニースを巡る美術散歩を企画した折、美術とは関係ないが、カマルグという広大な湿地帯をルートに加えた。カマルグはヨーロッパでも有数のフラミンゴの飛来地で、子供の頃に見たあの美しい鳥を自然の中で見てみたいという思いがあったからである。遠景ではあったが、南仏の美しい空と水の中に映える紅色の美しいフラミンゴにとても感動した記憶がある。
この「フラミンゴの踊り」という油彩画は、林茂男さんが描かれたものだが、私がこの絵を見た時、約20年前にカマルグで見た美しいフラミンゴとともに楽しかった旅のことが思い出された。
林茂男さんは、大正14年生まれのモダンボーイ。電気畑の仕事を退職後、初めて絵の世界の魅力を知り、68才から林忠正油彩画教室に通い始めたそうだ。胃をガンで半摘したが、良き仲間に恵まれて元気に楽しい制作活動を続けている。林さんが題材としたフラミンゴは、千葉動物公園のフラミンゴだそうだが、林さん自身、ケニアのフラミンゴを描いた作品に触発されてこの絵を描いたそうだ。音楽と同様、絵も思い出が喚起されるものである。
因みに、この絵は2009年11月26日〜31日、チャリティー・アートフレンズサークル展に出品される。

posted by miko at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月29日

輝楽画 KIRAKUGA

kirakuga2.jpg
イメージが簡単に膨らむオリジナルの新画法輝楽画の展覧会が開かれます。
線画+色紙で思いがけない絵に変身します。透明シートにコピーするか、直接描いて色紙と重ねるだけですから絵が苦手という人でも簡単・気楽に楽しめるとのこと。
KIRAKUGAって何だろう?どんな技法?と思う方は、
百聞は一見にしかず、展覧会に足を運んでみたら如何ですか?

会期:2009年10月14日(水)〜19日(月) 
    10:00〜17:00(最終日は17:00まで)
会場:街角ギャラリー どち
   千葉市中央区汐見丘町16-13 タリアセン汐見
電話:043−247−3601
主催:日本淡彩スケッチ協会

posted by miko at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記