2011年02月01日

一般公開講座のご案内 NO.6

《第6回》
“パリからニューヨークへ”
第1次世界大戦後、ヨーロッパでダダイズムとかシュル・レアリズムという、変な運動が起こりました。
例えばダリの絵の中で時計がまるで人間の舌のように だらーり としているのがあります。そうした作家達の主なメンバーが、第2次世界大戦に突入することを懸念してアメリカに亡命したのです。そんなことがあり、美術の舞台はパリからニューヨークとなります。
第6回目はそんなことを考えてみようと思ってます。・・・下総屋美術サロン講師:洋画家 林 忠正

会 期:2月20日(日) AM10:00〜PM00:00
会 場:下総屋サロン 千葉市中央区新田町2-19 5F
参加費:1,000円


※お問い合わせは、下総屋画廊まで電話1(プッシュホン)043-246-8581
posted by miko at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報