2010年06月04日

カラーダスト 水彩画展

shasiki.jpg
謝敷 満男 画

会期:6月25日(金)〜29日(火)
   10:30〜18:30(初日12:00〜)
会場:下総屋画廊 スペースY  


指を使う表現の取り込み

 水彩画は学校教育等に広く取り組み入れられており、手近に始められることもあり、水彩画を描いた経験のない人はいないと思います。しかし、水彩画は、一方その表現の技術において、奥深いものを持っていて、それを極めることは非常に難しいものがあります。単純に絵筆に絵の具を付け、紙の表面に塗りたてるという作業だけで、血の通うような温もりのある作品を生み出せるでしょうか?私どもは、日頃、水彩画の探求に努めてきておりますが、より直接的な表現を求め、自分の指に絵の具を付けて、画面に取り組むという試みを始めました。指を使った絵は、絵筆を使った場合と違った表現を生み出しますが、それ以上に画面の触感は、いわば五感の再発見といった、新しい感動を呼び起こしてくれます。もちろん、指だけを使う訳ではありませんが、指を使うということを通して、絵に暖かさを生み出し得たのではないかと自負しております。見ていただく人に伝わるかどうか分かりませんが、ご批判、ご鞭撻のほどよろしくおねがいいたします。
カラーダスト主催 林 忠正
    

林 忠正水彩画教室のご案内
月2回(第2・4水曜日 10:00〜12:00)
    
posted by miko at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記